スポンサードリンク

ダニ対策の効果を上げる掃除機掛けのコツ

普段のダニ対策の基本は、赤ちゃんの布団やじゅうたんなどに
毎日こまめに掃除機をかけることです。

その掃除機掛けの効果をあげるコツ
子育て教室で教えてもらいましたので紹介します。

部屋を暗くする!


ダニは夜に活動的になる習性があるそうです。暗くなるとエサを食べるために布団やじゅうたんなどの奥から表面に出てきます。このタイミングで掃除機をかけると効率的にダニを取り除くことができます。

このため、夜に掃除機をかけると効果的なのですが、近所迷惑になります。

そこで、日中でも掃除の前の1時間程度、雨戸やカーテンを閉めて部屋を暗くしておいてから掃除機をかけることがコツです。
 

1時間ほど時間を空ける!

布団には乾燥したダニのフンや死骸も多くたまってます。特に、ダニが死に始める秋から初冬にかけては、死骸が大量に発生します。

ダニのフンや死骸は、赤ちゃんを布団から抱き上げたり、布団を敷いたり移動させたりすると、空中に勢いよく舞い上がってそして、時間をかけてゆっくりと舞い落ちてきます。

ダニのフンや死骸が舞い落ちるのを待ってから(1時間~)、掃除機をかけるようすると効率的です。

 
ダニ対策はいたちごっこです。掃除機をかけてもかけてもキリがなく大変なので、上記のようなコツをいかして効率的に進めましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ