スポンサードリンク

赤ちゃん布団の効果的なダニ退治は「丸洗い」!

a0027_002346

赤ちゃん布団のダニを一掃するには「丸洗い」が効果的です。ダニはもちろんですが、雑菌や染みついた汚れや、おしっこなどの臭いも取り除くことができます。また、中綿のフカフカ感や保温性の復活も期待できます。

 

「布団の丸洗い」の3つ手段

布団の丸洗いの手段には主に次の3つがあります。

コインランドリーで自分で洗う。

coin最近は布団が洗える大型の洗濯機や乾燥機を備えたコインランドリーが増えてきています。

24時間営業のところも多く好きな時に洗えるので便利です。クリーニング店に出すよりも安くつくのも魅力です。洗わなくても乾燥だけでもダニを死滅させる効果があります。

ただ、洗濯でも乾燥でも布団の素材や洗濯表示の確認や下準備など自己責任で注意して行わないといけません。

キルティング加工(表布と裏布が区画状に縫われているもの)されていない布団は、洗濯でも乾燥でもあらかじめ丸めて紐で縛ておくなど準備をしないと中綿など偏るので注意が必要です。

 

街のクリーニング店に出す。

sentakuya街中のクリーニング店でも、布団の丸洗いを取り扱っているところがあります。

クリーニング店では、店員が布団の素材や状態を確認してから受け付けるので安心感があります。ただ、料金が高めなのと、仕上がりまで時間がかかるのが不便なところです。

集配サービスがある店もありますが、大きな布団を店まで持ち運びするのが面倒です。

 

宅配クリーニングを利用する。

l_e_company_20宅配便を利用した、自宅に居ながらにして衣類をクリーニングに出せる「宅配クリーニング」で、布団の丸洗いにも対応している業者があります。かさばって重い布団を持ち運ぶ必要がない宅配クリーニングのメリットは特に大きいです。

料金は、布団1枚だとクリーニング店と同じか高めですが、まとめて複数枚を依頼すると割安になります。送料も無料のところが殆どです。

宅配クリーニングは、相手が見えないだけに不安な部分もありますが、ホームページの説明をしっかり確認して、不明点は問い合わせして、少し注意しながら利用するととても便利なサービスです。特に子育て中の外出が難しい人には重宝しますよ。

2808241
point_f001_l72

それぞれの主なメリット・デメリットをまとめてみました。

 

コインランドリー

クリーニング店

宅配クリーニング

標準的な料金

(布団1枚の場合)

2,000円前後

(洗濯+乾燥)

4,000~6,000円

6,000円~7,000円

仕上がるまでの時間

即日(1枚約70分)

10日~2週間

10日~2週間

メリット

  • 費用が安く済みます。
  • 24時間営業のところも多いです。
  • 洗いたいときにすぐ洗えます。急ぎの時にも対応できます。
  • 乾燥だけでも使えます。
  • 店や店員が見えるので安心感があります。
  • 店員に現物を確認してもらってから依頼できます。
  • 布団を持ち運ぶ必要がありません。
  • 他人や店員の目を気にしなくてすみます。
  • 2枚、3枚同時に依頼すると割引があります(3枚で約10,000円が主流)。

デメリット

  • 布団を持ち運ぶ必要があります。
  • 自己責任で素材等の確認が必要です。中綿の偏りを防ぐために布団を紐で縛ったり準備が要ることがあります。
  • 混雑時は待たされます。
  • 仕上がり品質はクリーニングよりも低いです。
  • しっかり乾燥できていない場合があるので注意が必要です。
  • 集配を行っている店もありますが、基本的に布団を持ち運ぶ必要があります。
  • 仕上がるまで時間がかかります。
  • 料金が高めです。
  • 営業時間や定休日の制約があります。
  • 相手が見えないので多少とも不安があります。
  • 仕上がるまで時間がかかります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ